2017年06月26日

6/23講演会「住み慣れた地域で暮らし続けるために」を開催しました。

CIMG3690 (640x391).jpg
新潟市万代市民会館で、
①高齢者運転の実態について
 講師:新潟県警察本部交通企画課 安全補佐 小林照秀 氏
②公共交通機関の減少に伴う移動手段の確保について」
 講師:長岡技術科学大学大学院 教授 佐野可寸志 氏
を開催しました。
運転免許の返納については、一般市民の方の関心も高く、
会員を含め60人の参加がありました。
高齢者の運転では、判断が遅れたり、踏んだつもりのブレーキが
踏み切れていなかったことなど、会場から思わずためいきが出ていました。
また、県内の公共交通機関が少ない地域で試行された、
移動手段の確保のための実例が紹介されました。
地域ごとに実情が異なり、コストや担い手の問題はありますが、
高齢者の生活を守るために、喫緊に取り組まなければならない切実な問題で
あることをあらためて考えさせられました。
posted by 新潟県消費者協会 at 14:52| 報告 | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

4/25 新潟県消費者協会設立50周年記念事業

 平成29年4月25日、万代シルバーホテルにて「新潟県消費者協会設立50周年記念式典、記念講演会、祝賀会」が、200人近いご出席をいただき盛大に開催されました。

 来賓に米山隆一新潟県知事、長見萬里野全国消費者協会連合会会長、県内消費者行政担当者、当協会の団体賛助会員、個人賛助会員、元役員の皆様をお迎えし、現在活躍されている正会員各団体の皆様にも多数出席していただきました。また、岡村和美消費者庁長官をはじめ祝辞、祝電も多数頂戴しました。

 和やかな雰囲気の中で、50周年の歩みと活動をあらためて心に刻み、次の一歩に繋げる節目の記念事業となりました。ご協力・ご出席いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

<記念式典>
記念式典では、お二人から祝辞をいただきました。

米山新潟県知事からは、「私も協会設立と同じ昭和42年生まれ」との第一声に、緊張していた会場が一瞬に和みました。消費者協会の活動は、よりよい社会を創っていく上で重要であり、今後の活動に期待していますと温かいメッセージをいただきました。
0018.JPG

長見会長は、当協会の設立当初からの活動をよくご存知で、協会の消費者目線の商品開発や消費者意識調査、各地域での独自の活動などについて高い評価をいただき、新潟県消費者協会の今後の活動と発展に期待しますと述べられました。
CIMG3679.JPG

<講演会>
 北川正恭氏(早稲田大学 名誉教授、同マニフェスト研究所顧問)に、柔らかな語り口で、敗戦後から現在に至る「政治や経済、暮らし」についてウィットを交えて分かりやすくお話していただきました。笑いがあふれれるあっという間の90分間でした。
0065.JPG

<祝賀会>
 祝賀会では、これまで協会の活動に貢献された方などから、協会の思い出などお言葉をいただきました。また、美しく迫力のある、祝舞と吟舞があり、最後に「アブナイカモ」をみんなで楽しく踊り、みんな笑顔の会場でした。
0234.JPG
美しく迫力ある吟舞
0216.JPG
盛り上がりました
0269.JPG
最後はアブナイカモをみんなで踊りました


posted by 新潟県消費者協会 at 16:46| 報告 | 更新情報をチェックする