2014年07月23日

受講者募集終了しました。消費生活サポーター養成講座 上越市と佐渡市で開催。

消費生活サポーター養成講座 開講のお知らせ

平成26年度は、上越市と佐渡市で開催します。
①佐渡会場 10/1、10/8、10/16、10/20、10/29
 佐渡中央会館(佐渡市川原田本町394)
②上越会場 10/28、11/4、11/11、11/26、12/2
 上越市市民プラザ(上越市土橋1914-3)
◆時間は、いずれの日も10:00~15:30各会場5日間
◆受講料無料
◆保育ルームあります
◆申込期間は、8/1~8/29
◆お問合せ・申込みは、新潟県消費者協会事務局まで
TEL/FAX 025-281-5558(平日9:00~16:30)
Eメール n-shokyo@happytown.ocn.ne.jp

詳細は、こちらをご覧ください。↓
消費生活サポーター養成講座募集案内.pdf
posted by 新潟県消費者協会 at 14:11| 報告 | 更新情報をチェックする

消費者情報「カラビナ」143号を発行しました

ぜひご欄ください。
こちらをクリック ↓
http://nshokyo2.seesaa.net/
posted by 新潟県消費者協会 at 09:08| 報告 | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

7/2 新潟県ハイヤー・タクシー協会との懇親会

CIMG0612 (640x481).jpg
 今回は、富士タクシーさんにうかがって、実際の配車状況を見せていただきました。各タクシーの位置や乗車の状況が一目でわかるパソコンの画面や、電話を掛けるとその場でお客の現在位置や配車予定時刻がわかるスマホの配車アプリなど、どんどん進化する配車システムに驚きました。また、AED装備のついた福祉タクシーやプラズマクラスター搭載タクシーなど様々なタクシーがあることを知りました。
 懇親会では、消費税増税後の売上減やドライバーの高齢化など業界の厳しい状況をうかがい、また「24時間365日、戸口から戸口へ対応可能な唯一の公共機関」であり、「まだまだタクシーにはできることがある」というお話に、消費者として応援したい気持ちになりました。協会からの参加者からも「乗車の際、「戸締りはだいじょうぶですか?」などの声掛けがあるとありがたい」「スイカなどの電子マネーが使えると便利」などの意見が出ました。
 ふだん自家用車を使っていても、高齢や病気などで運転ができなくなるときが必ずきます。タクシーの利便性について、あらためて考えた一日でした。
posted by 新潟県消費者協会 at 09:12| 報告 | 更新情報をチェックする